お葬式・戒名


お葬式について

 「葬式仏教」といわれる今の日本の仏教では、人が亡くなると葬儀社だけでなく、寺院にも葬儀費用が必要となります。
 宗教や寺院、地域によって違いはありますが、当寺では
経済的ご負担にならない範囲でかまいません。もちろん本当に経済的に困難な方には奉仕でさせて頂きます。
 無宗派ですので、何宗の方でもお受けいたします。葬儀は当寺独自の作法で執り行います。(県外での葬儀の方には、交通費のご負担もお願い致します) 
 心のこもった葬儀をお約束いたします。


戒名について

 「戒名」とは、仏法に帰依(きえ)した者に対して与えられる名であり、宗派によっては「法号」または「法名」とも呼ばれます。
 「院」が付くと有り難い、長いほど良いなど言いますが、本来の仏教から見ると、決してそのような事はないと考えます。

 「戒名」をつける習慣には、長い歴史があるので、葬儀では必ずと言って良いほど用いますが、家族や故人からのご希望で「俗名(生前の名前)で送ってほしい」と言う方もおられます。
 どちらでも死後においては、なんら変わりが無いというのが当寺の考えです。
 「戒名」は、寺院側から一方的に授けるのではなく、お互いが話し合って納得する戒名をつける事が最良と考えます。